虫歯になりにくい食べ物

虫歯になりにくい食べ物

年を取っても食べ物を美味しく食べられるように、虫歯になりにくい食べ物を知っておく必要があります。

歯が悪くなると食べることに影響が出るだけでなく健康や美容にも良くありませんので、予防のための策を講じなければなりません。

最近では歯の健康への意識が高まりつつありますので虫歯になりやすい食べ物を警戒する人はかなり増加していますが、逆に虫歯になりにくい食べ物というのはあまりクローズアップされません。

まずは虫歯になる原因を知ろう!

食べ物を確認する前になぜ虫歯になるのかを確認しておくと、口内に存在する細菌が関係していることもありますし、食べ物や飲み物に含まれる糖分が酸を作り出してしまうこともあります。

また、元々の歯の質が弱くて酸による影響を受けやすかったり、唾液の分泌量が少なくて口内の細菌や酸の影響を受けやすい人もいるようです。酸は一つのキーワードになっていて体質的な問題ももちろんありますが、生活習慣が原因で影響を受けている人もいますので、生活習慣を見直すことも効果的です。

虫歯になりにくい食べ物を食べよう!

これらのことを踏まえて虫歯になりにくい食べ物を見ていくと、鮭やカツオ、イワシを始めとした魚介類はカルシウムをたっぷりと含んでいますので積極的に摂取するのが良いといえます。魚介類は主食になり得ますので、コンスタントに摂れる食材です。

メニューを考える際には魚介類をなるべく多く摂取できるようにして、一緒にキノコ類を摂るのも良い方法です。キノコ類は干ししいたけでもマイタケでもきくらげでも構いません。ビタミンDを豊富に含んでいますので、魚介類と一緒に食べるとカルシウムの吸収を高めることができます。そのため、効率良く強化することができ、理想的なメニューとなります。

「いちご・リンゴ・モモ・梨・ブドウ・キウイ」は虫歯になりにくい果物!

意外なところではいちご・リンゴ・モモ・梨・ブドウ・キウイなどの果物も虫歯になりにくい食べ物です。

これらは甘さがありますので歯に悪そうだと思われてしまうことが多いのですが、水分がたっぷりと含まれていて食物繊維も入っていますので口内に残りにくいのが大きなメリットです。口内に残らなければ虫歯リスクは小さくなって、安全に食べられます。

果物でも少しだけ注意しなければならないのはバナナのようなタイプであり、糖度と粘度が高いために水分たっぷりの果物よりもリスクが大きくなります。おやつやデザートに果物を食べたい時には、水分が多めで粘度の低いものを選びましょう。

間食するなら虫歯になりにくい食べ物を食べよう!

間食を摂りたい時には大丈夫そうなお菓子類も知っておきたいところです。

お菓子というと甘くて歯につきやすいキャラメルやチョコレートなどが危険なことは皆が知ってますし、酸性の高いヨーグルトドリンクやグレープフルーツも注意しなければなりません。

口内に残りやすいポテトチップスやクッキーのようなものもダメとなると食べられるものが無いのではないかと思ってしまいますが、ゼリーやプリンなら歯につきにくいのでそれほどリスクは高くはありません。

一見するとNGに思えるシュークリームも洋菓子の中では比較的安全な部類に入りますので、どうしても洋菓子を食べたいという時にはシュークリームにしましょう。他におせんべいやナッツ類は安全ですので、これらを上手く組み合わせながらおやつのメニューを考えるのがおすすめです。

「スルメ」は虫歯対策におすすめだった!

昔の子供はスルメをおやつに食べることが多かったのですが、これが虫歯対策に非常に良い効果を発揮します。スルメは固いのでよく噛まないと細かくすることができません。ですから、かなりの回数を噛むことになって唾液の分泌を促すことができます。唾液の少ない人は口内が乾きやすくなって虫歯になりやすいので、一定量以上の唾液を分泌させることは非常に良い対策となっておすすめです。食材としても歯を丈夫にしてくれるものですので、幼い頃から食べる習慣を作ると良いかもしれません。食べなれない人がスルメを食べようとするとなかなか咀嚼することができなくて顎を傷めることもありますが、そのような状態になるのはこれまでの咀嚼が足りずに顎が十分に発達していない証拠ですので、気付いた時点で対策を始めると良いようです。

虫歯対策には「キシリトール」が効果的!

虫歯予防のガムであるキシリトールは歯を丈夫にすることで有名であり、食後に噛むことで予防ができます。甘いので子供でも問題なく噛むことができますし、最近では色々な味が売られていますので飽きることもありません。

毎日キシリトールガムを噛む習慣を作ると歯は段々と強化されていきますので、地道に続けることが大切です。外出時なども持ち運ぶことができますので、対策としては習慣化しやすいというのが大きなメリットです。

まとめ

虫歯になりにくい食べ物を選ぶだけでなく、だらだらと食べることも大切であり、飲み物にも注意する必要があります。日々の生活の中で口に入れるものが口内環境を作っていますので、子供の頃から良い習慣が作れるように正しい摂り方をマスターすることが重要です。そして忘れずにしっかりと歯磨きをすることも心がけましょう。

虫歯になりにくい食べ物を知るのにおすすめの情報メディア

伝えたい歯医者のブログ

伝えたい歯医者のブログ/http://www.ryouki4181.com/

伝えたい歯医者のブログは、東大阪市の歯医者りょうき歯科クリニックの歯科医が運営するブログです。活動や経験をもとに、医師の専門的な知識を学べます。

Yomeishu

スウェーデン式予防法に学ぶ 虫歯&歯周病ゼロをめざす7つの習慣/https://www.yomeishu.co.jp/genkigenki/feature/150528/

Yomeishuが運営する医療・健康コラムです。日本歯学センター田北 行宏先生を招き、スウェーデン式予防法について紹介。北欧スウェーデン式の虫歯予防法の第一人者としても有名な歯科医の秘策を学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL