日本の歯科治療を先進国へ

「学術」と聞けば、何か堅いイメージを思い浮かべるかもしれません。日ごろ、臨床や研究活動に従事している現場の歯科医師、歯科医療関係者にとっては、それほど関係のない概念と思われるかもしれません。「大学や大きな学会のことね」と。しかし、学術とは、医療や科学におけるすべての仕組み、ルールを形作る基盤であり、それを培っていく土壌そのものなのです。

そして、それらに関連した毎日のコミュニケーションや情報発信もすべて学術活動なのです。従って、学術のあり方は、学会や大学のことばかりでなく、医療や科学の日常業務や運営、そして、それらの発展に大きな影響を与えるのです。私たち歯科医療従事者の未来を決定する鍵を握ると言っても過言ではないかもしれません。

GAAASOMS口腔クリニック応用先端医科学研究会は、日本における新しい学術文化を創造することにより、日本の歯科医療や歯科医学の発展に貢献することを目的に設立されました。日本の歯科医、歯学研究者、そして多くの歯科医療従事者・関係者の潜在性を効率良く引き出せるような学術の現場と構造を創るベンチマークのような存在となれればと考えています。

そのための方法論として、研究会では、テーマとアプローチに関するコンセプトを立案しました。ゴールは、1)会員への奉仕と貢献、2)国民を意識した、国民の方を向いた活動の二つです。会員が発言の機会を得たり、実のある知識、人脈、成果を得ることは学術組織の職務であります。また、そのような活動を通じて、その分野のレベルを上げることにより、知識・情報を広く一般へ啓蒙することにより、国民に貢献することは、国の専門学会の責任の一つであります。現在の日本での歯科医療を取り巻く状況を考えると国民の方を向いた活動は特別に重要さを増しているとも言えるでしょう。

まず、GAAASOMSでは、扱うテーマとして、先端性と全体性を追求します。相反する二つの事象をあえて扱うことで、新しいものを産み出すことを目指します。そして、この包括性の実現によって、より多くの歯科関係者に興味をもっていただけるよう努力していきたいと思っています。

具体的には、将来の歯科医療に緊密に関連した先端的で良質の先端科学と歯科業界・分野全体に関わる医療社会的、治療学的、教育的なテーマの双方を扱うということになります。そして、アプローチ方法については、SNSなどを通じての日常で一般レベルでの情報発信、ブレーンストーミング、啓蒙活動、議論を絶えず行うことにより分野の発展のための意識を高めることと、年1回の学術会議の場での集中した、深い議論の二方向を相乗的に組み合わせていければと思っています。

将来の発展には、厳しい現状の認識と共有も必要です。日本国民の歯に対する意識は先進国中、最低とも言われています。日本は、世界有数、あるいは世界一かもしれない、食文化、食へのこだわりをもった国です。

世界一流の経済大国であり、文化大国であります。なぜ、食と密接に関連した歯の意識がそこまで遅れをとっているのでしょうか。歯科医療従事者はこのことを重く受け止めて、その改善にむけてやれることを模索していく必要があると思っています。日本には、優秀な歯科医師、歯科関係者が多く、また、将来の歯科医療の発展のために活動を続けている人もいます。私は、それら力を結集することができるならば多くのことが可能になると信じています。人々にふさわしい歯と口の健康を、学術・科学の力で創ってまいりたいと思っています。どうぞ、みなさまの広いご参加をお願い申し上げます。

日本の歯科治療を先進国へ への1件のコメント

  1. WordPress コメントの投稿者

    こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL